213c8de70cc3b25d30edb90ef9604561
a5e5de8b98abe7421bbde2e079772dad
トナー・インクと一言でいっても、国内純正品、輸入純正品、汎用品、リサイクル品と大きく分けて4つの種類があります。
1台のプリンターに使えるトナーやインクは1種類ではありません。
1台のプリンターでも様々な種類のトナーやインクが使える事があります。

4168d36a3ce2ff272097b88b8a28f45e

8ee6a642b86cfa6d22882f5713952fef

7e378efb9a0e5aa3973ad455f6116974
プリンターメーカーが製造・出荷している国内流通のブランド製品でメーカー純正のため品質が安定しています。
ただし、価格は一番高くなります。
63b2bda2f54be0a83c7f1a11a7f9c74a
プリンターメーカーが製造・出荷している海外流通のブランド製品で、海外で流通しているブランドメーカー純正品を輸入したもの。
72573caf3df070eb15f7d47891618b72
014fe7238530f51cf0eefd80548c074c

2b1f791b5369df29323438531ac12da3
基本的にプリンタメーカーで製造された物に汎用性を持たせた製品のため、メーカーブランドは付いていませんが、品質は安定していて純正品と比べると価格が安いのも魅力です。
2ad103e9ebdf33340c27e234700680e4
使用済みカートリッジを再利用した製品で、価格は一番安価。
使用済みカートリッジを再利用することでの、環境保護にも一役買っている。
新品トナーに比べ、不良率が若干アップするので、万が一の為のストックがあると良い。


001
オフィスOA機器の消耗品のコストカットを真剣に考えておられる方、ぜひ一度、ご相談ください。環境や印刷の品質を下げずにできる経費削減術をご提案致します!!

0a7cb7ff32c38765b3b70419150c3a8d
 
020fe54076c07877864e3487504b3b7e

020fe54076c07877864e3487504b3b7e

e824dd138b36561354a7e6d3d4852717

f5aa53a4d59bf6ff5b5e016b923d5a04