【縦横独立変倍】
アナログ複写機では、縦横同じ倍率で拡大/縮小コピーをとることができるが、デジタル複写機では、さらに縦方向と横方向で異なる倍率のコピーが可能。この機能により、表/グラフの合成やタイトル文字の合成などが、スペースに合わせて綺麗に仕上がる。

e824dd138b36561354a7e6d3d4852717
4b5c6c9532f379271e8cc2f592e68d3e
ff9eec37a5a51acc5a47fc55833521b3