【アナログRGB端子】
パソコン本体とCRTディスプレイを接続する端子。
光の三原則のR(赤)、G(緑)、B(青)の情報をアナログ信号として伝送する。
端子の形状はD-Sub15ピンと呼ばれるものが一般的。
最近はプラズマ/液晶テレビ、プロジェクターなどに搭載されており、パソコンの画面を大画面で映すことができる。
 
e824dd138b36561354a7e6d3d4852717
4b5c6c9532f379271e8cc2f592e68d3e
ff9eec37a5a51acc5a47fc55833521b3