cb3808e98bc5b66265360272accdb862
5c2194b0630d60dc99ace5fc245789ab
1f32cb849e6207980c646b2a6eda48581
 
3955cb419e0f8336de067a72b38eb38f
 
プリントデータを複合機に保存して使用
プリントデータを複合機内蔵のハードディスクに保存し、必要な時にパソコンを使用せずに複合機の操作パネルからプリントできる機能です。保存場所を指定することもできますので、他のユーザーのデータとの混在も防げます。
例えば「印刷せずにホールド」では、出力データをプリントせずに一旦複合機のハードディスクに保存します。「印刷後ホールド」では必要部数プリントし、かつデータをハードディスクに保存します。 「サンプルプリント」では、複数枚プリントする際、1部だけプリントし内容を確認後、残りの部数を複合機の操作でプリント指示ができるので、ミスプリントを防ぐことができます。
また、パソコンからプリントする際にパスワードを設定することもでき、保存されたデータのセキュリティを高めることができます。

ca8675a045b071b59182828237a3fcf5
 
f1e19aed632bd22a9cb23893028cb87e

申請書などよく使う書類に利用すれば、パソコンを介さず、コピーよりもきれいにプリントできます。
会議資料などで急な追加が必要になった際、スピーディにプリントできます。
複数部の資料をプリントするときには、「サンプルプリント」を利用すれば、ミスプリントが防げます。

2736fbac7204d74416ba53b2202f7748
db1d075782b5477856b3ba6acc807a97
1c0a0970f3409f54db5940e7992a1f8a
0beb2e8c1dec3a0d171d289278c45e1a
 
e824dd138b36561354a7e6d3d4852717
4b5c6c9532f379271e8cc2f592e68d3e
9734d144cb02854ca24d038c5e9c1a14
f5aa53a4d59bf6ff5b5e016b923d5a04