9784a09f30825bc99279d685c34883ed

a7fd83c723fa9e22b0a21fbcf520e8c51
広告とは、見る人の注意を引いて興味を持たせ、説得をし、行動を起こしてもらうためのものです。
「この広告は上手い!」と感心してもらうことや、”良いイメージ”を持ってもらうことは広告の本質ではありません。
優秀な営業マンのように、ある行動を取ってもらうために上手いセールストークができているのが良い広告です。

0792e7e431ca829c5bf8f3d56b95fce01
ずばり、良い広告とは売上に直結する広告!
会社は広告を出したいのではなく、商品やサービスを売りたいのです。広告はそのための手段でしかあり得ません。
例えばチラシにアンケートをつけたり、クーポンをつけたりすることで、反響の向上が期待できたり。レスポンスが測れたりします。いろいろなパターンを試し、良いと思う広告を広く展開するのが効率的な広告の出し方だと思います。
もちろん、状況によって反応率は変化しますので、計画・実行・検証をしっかり行いベストな広告を作りましょう。そのベストな広告が良い広告なのではないでしょうか。

4b979a523e7228aa6f27bd78ac6a565d

●宣伝対象の商品やサービスは何か?
宣伝する商品やサービスの一覧を作成します
広告はシンプルにしましょう。広告はいくつでも作成できますが、宣伝する商品やサービスは 1 つの広告につき 1 つに絞るようにします。

●広告・デザインの目標は何か?
広告掲載の主な目標を決めます。今すぐに達成したい目標と長期的な目標を考えましょう
具体的な目標を設定しましょう。目標が具体的であるほど、広告が目標達成に貢献したかどうかがよくわかります。
●対象となるターゲット層は?
対象となるターゲットが目標やニーズに応じて複数に分かれる場合は、ターゲットを分類します。
対象ユーザーを絞ります。広告やインターネットを見るユーザーは大勢いますが、誰もが広告主様の提供する商品やサービスに関心があるわけではありません。提供する商品やサービスのターゲットを見極めましょう。すべての人に見てもらおうとすると、すべての人に見てもらえなくなる可能性もあります。


0012

デザインは大まかに分けて、ブランディングのためのデザインと、販売促進のためのデザインに分かれています。ブランディングのデザインは即効性はないが、なんとなく人の記憶に残り、長期にわたって広告宣伝を繰り返すことで企業や商品・サービスの価値を高めていきます。
販売促進のデザインは広告を作った後に即効性のある効果を期待したデザインになります。
当社では、お客様の目的にあったデザインを小ロッドから格安にてご提案致します。


b97009d1dd689051f1a38fad2ab10d28
 
46f918ccc28afe1da49700e6da175e8c1
 
0a7cb7ff32c38765b3b70419150c3a8d
 
020fe54076c07877864e3487504b3b7e

020fe54076c07877864e3487504b3b7e

e824dd138b36561354a7e6d3d4852717

f5aa53a4d59bf6ff5b5e016b923d5a04